• ログインログイン
  • 新規登録新規登録

MENU

ITエンジニアを目指す学生がインフラ周りのことを知っておくと得するというお話(17)

連載ITエンジニアを目指す学生がインフラ周りのことを知っておくと得するというお話

ITエンジニア向けの、インフラ周りに関する基礎的な内容をお伝えしていきます。サーバ・ネットワークなどのITインフラに関する話が中心となります。XAMPPを使わないで、コマンド等でLAMP環境を構築する方法等、知っておいて損はない内容を多く伝えていきます。

前回までのプログラミング学習レシピに続き17回目の勉強内容です。

こんにちは。植原です。

今回はサーバOSの種類をご紹介します。

今日、サーバ用OSとして多く用いられているOSには、Linux、UNIX、Windowsの3つがあります。

Linux

「Linux」には2つの意味があります。1つは、カーネルというOSの中核ソフトウェアのことです。(詳しくはWikipedia等を参照してください)

この、カーネルにインストーラや各種ソフトウェアを付加し、誰でも使えるようにしたのがディストリビューションです。

このコラムでは、特記のない場合、ディストリビューションの総称を指します。

Linuxディストリビューションには、大きく分けて

  • RedHat系
  • Debian系
  • Slackware系

の3系統があります。

このうち、日本国内で最も使われているものは、RedHat系です。CentOSやFedoraもRedHat系です。

基本的なコマンドは同じですが、パッケージ管理ツールやネットワーク周りのコマンド・パスが違ったりします。

UNIX

Linuxの生まれる前から、サーバ・ワークステーション用OSとしてUNIXがありました

UNIXには、

  • Solaris系
  • BSD系

などがあります。

MacOS XはBSDがベースになっています。そのおかげでMacOS XのターミナルでUNIXコマンドが使えるのです。昔はUNIXは非常に高価でしたが、現在ではFreeBSDなどの無償のUNIXやMacOS Xの登場により、安価に使えるようになりました。

Windows

みなさんWindowsと聞くと、Windows 8やWindows XPのようないわゆるクライアント用OSを想像されるでしょう。しかし、WindowsにはWindows Serverというサーバ向けのシリーズもあるのです。

やはりWindowsですから、GUIが非常に安定して、かつ分かりやすいものになっています。

一番古いバージョンは、Windows 95よりも古い、Windows NT Serverで、最新のバージョンはWindows Server 2012 R2です。

学校や職場のWindows PCにログインするときに、Ctrl+Alt+Delキーの組み合わせを押す環境の場合は、アカウント管理用として、ほぼWindows Serverが使われています。Windowsの共有フォルダやZドライブなどもまずそうでしょう。

今回はLinux、UNIX、Windowsの概要をそれぞれご紹介しました。今後も、このようにサーバに関連するうんちくや歴史もご紹介していきます。

お楽しみに。

オススメ記事一覧

もっと見る
完全無料!

1で登録完了!

エンジニアの仕事・年収や選考ノウハウ記事が読めるほか、
会員にはプログラミング講習やES・面接対策などリアルな無料サポートも充実。
ここだけの求人情報も多数。

今すぐ新規会員登録
Page Top