• ログインログイン
  • 新規登録新規登録

MENU

ITエンジニアを目指す学生がインフラ周りのことを知っておくと得するというお話(16)

連載ITエンジニアを目指す学生がインフラ周りのことを知っておくと得するというお話

ITエンジニア向けの、インフラ周りに関する基礎的な内容をお伝えしていきます。サーバ・ネットワークなどのITインフラに関する話が中心となります。XAMPPを使わないで、コマンド等でLAMP環境を構築する方法等、知っておいて損はない内容を多く伝えていきます。

前回までのプログラミング学習コラムに続き16回目の勉強内容です。

新年あけましておめでとうございます。植原です。

昨年の年末はMacBook ProのHDDのデータが飛び、年明け早々サーバのHDDのデータが飛びました。

皆さん、データのバックアップは重要ですよ!(真顔)

さて、年明け第一回目はそもそもサーバとはなんぞや、というお話です。サーバというと、皆さんどのようなものを想像されますか?

こういう形のコンピュータですか?

それともこういう形のコンピュータですか?

さきほどの2つのコンピュータはどちらもサーバです。

上のほうの写真のコンピュータは「タワーサーバ」、下の方の写真のコンピュータは「ブレードサーバ」といい、常時電源を入れたまま使用するサーバ専用機です。

ここで「サーバ専用機」という言葉が出てきましたね?サーバとは、「本来はソフトウェアの用語であり、クライアントサーバモデルにおいてクライアントからの要求に対して何らかのサービスを提供する役割を果たす側のプログラムを指す言葉」(Wikipediaより)です。「何らかのサービス」とは、例えばメールサーバであれば、電子メールクライアントソフト(以後、メーラー)からユーザが送信したメールを宛先のメールサーバに送信し、また送られてきたメールを受信してサーバのメールボックスに蓄積しておく機能、Webサーバであればブラウザから要求されたWebページをブラウザに送る機能のことを指します。

つまり、単にサーバと言った場合、

  1. メール送受信などのサービスを提供するプログラム(サーバプログラム)
  2. 1のプログラムを常時動かし続けておくためのコンピュータ(サーバコンピュータ・サーバ機)
  3. 2の用途に適するように壊れにくいように設計されたコンピュータ(サーバ専用機)

の3つのうちの何れか、または複数のことを指します。

このうち、1・2の意味では、今お使いのパソコンやスマートフォンもサーバ化することができます。11-13回目のコラムでパソコンをWebサーバ化しましたね。

通常、企業では、3.の用途のサーバ専用機にUNIXやLinuxなどのサーバ用途に特化したOSをインストールし、その上に1.のサーバプログラムを複数インストールした上で、2.のサーバ機として使用します。複数台の2.のサーバ機を1台の2.のサーバ機に見せかけることも出来ます。(冗長化と言います)例えば、2台のコンピュータで冗長構成を構築した場合、論理的には故障率は1台構成の場合の1/2になります。

次回はサーバについてもっと掘り下げていきます。お楽しみに。

オススメ記事一覧

もっと見る
完全無料!

1で登録完了!

エンジニアの仕事・年収や選考ノウハウ記事が読めるほか、
会員にはプログラミング講習やES・面接対策などリアルな無料サポートも充実。
ここだけの求人情報も多数。

今すぐ新規会員登録
Page Top