• ログインログイン
  • 新規登録新規登録

MENU

ITエンジニアを目指す学生がインフラ周りのことを知っておくと得するというお話(12)

連載ITエンジニアを目指す学生がインフラ周りのことを知っておくと得するというお話

ITエンジニア向けの、インフラ周りに関する基礎的な内容をお伝えしていきます。サーバ・ネットワークなどのITインフラに関する話が中心となります。XAMPPを使わないで、コマンド等でLAMP環境を構築する方法等、知っておいて損はない内容を多く伝えていきます。

前回までのプログラミング学習コラムに続き12回目の勉強内容です。

こんにちは、植原です。

前回は、CentOSにWebサーバのApacheをインストールし、Firefoxで通信確認する方法をご紹介しました。

今回はSSHという技術があるということと、主要なWindows用クライアントのご紹介をします。

ノートPCの狭い画面では、WindowsのIE等のウインドウと仮想マシンのウインドウを同時に開くと、非常に見づらいですよね。

別のPCをコマンドで操作する技術として、TelnetとSSH(Secure Shell)があります。Telnetは平文で通信をするのに対し、SSHはパスワード等の認証を含む全てのネットワーク上の通信が暗号化されるため、リモート通信技術としてはセキュアで一般的です。インフラエンジニアはもちろんのこと、開発エンジニア・プログラマも知っていなければならない技術です。

LinuxやMacには、標準でSSHクライアント機能が備わっていますが、Windowsは標準では使えません。

そのため、SSHクライアントをWeb上からダウンロードする必要があります。

下記の3つが特に有名です。

ここ最近で最も人気のあるクライアント。メニューが完全に日本語化されており、ルータをはじめとするネットワーク機器へのシリアル接続が容易。

Tera Termと人気を2分するクライアント。複数設定の保存や公開鍵接続が容易。

Cygwinは、Windows上で動作するUNIXライクな環境。Windows上でUNIXのようなシェルが使える。これにオプションのOpenSSHをインストールすることで、UNIX系OSとほぼ同じ感覚でSSH接続が可能。ファイルをやフォルダをサーバ上にアップするときにSCPコマンドが便利。

ただ単純にLinuxにリモートシェル接続するだけであれば、Tera Termで十分だとは思いますが、いろいろと試してみて、自分の使いやすいと思ったものを使うのが良いでしょう。

Tera Termはこちらから最新版をダウンロードし、展開、またはインストールします。

次回は、Tera Term(インストーラ版)のインストールと、基本的な使い方をご紹介する予定です。お楽しみに。

 

オススメ記事一覧

もっと見る
完全無料!

1で登録完了!

エンジニアの仕事・年収や選考ノウハウ記事が読めるほか、
会員にはプログラミング講習やES・面接対策などリアルな無料サポートも充実。
ここだけの求人情報も多数。

今すぐ新規会員登録
Page Top