• ログインログイン
  • 新規登録新規登録

MENU

ITエンジニアを目指す学生がインフラ周りのことを知っておくと得するというお話(7)

連載ITエンジニアを目指す学生がインフラ周りのことを知っておくと得するというお話

ITエンジニア向けの、インフラ周りに関する基礎的な内容をお伝えしていきます。サーバ・ネットワークなどのITインフラに関する話が中心となります。XAMPPを使わないで、コマンド等でLAMP環境を構築する方法等、知っておいて損はない内容を多く伝えていきます。

前回までのプログラミング学習コラムに続き7回目の勉強内容です。

こんにちは、植原です。前回は、VirtualBoxに仮想マシンを作成する方法と、Linux(CentOS)のISOイメージをダウンロードする方法をご紹介しました。

今回は、ダウンロードしたISOイメージを使用して、仮想マシンにCentOSをGUIでインストールを作成する方法をご紹介します。

1.VirtualBoxを起動します。

2.「設定(S)」をクリックします。

 3.「ストレージ」をクリックします。

4.「ストレージツリー(S)」欄の「コントローラー: IDE」の「空」となっているところをクリックし、右側の「属性」欄の右端のCDのアイコンをクリックします。

5.「仮想CD/DVDディスクファイルの選択」を選択します。

6.前回ダウンロードしたISOイメージファイルを選択し、開きます。

7.ISOイメージが読み込まれたことを確認し、「OK」をクリックします。

これで、CentOSインストールの準備が完了しました。

※雑誌の付録等のインストールDVDを利用することもできます

8.「起動(T)」をクリックし、仮想マシンを起動させます。

9.仮想マシンの画面の中をクリックします。「次回からこのメッセージを表示しない」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。

10.一定時間が経過すると自動的にインストールが開始されますが、ここではそれを待たずに「Install or upgrade an exsisting system」を選択して、インストールを開始させます。

11.ディスクチェックをするかどうか尋ねられますが、今回は「→」キーを押して「Skip」を選択し、Enterキーを押してスキップします。

12.「Next」をクリックします。

13.Japanese(日本語)を選択し、「Next」をクリックします。英語の勉強がしたい、という方は英語のままで良いでしょう。

14.「日本語」を選択し、「次(N)」をクリックします。USキーボードを使っている場合は、「英語(アメリカ合衆国)」を選択します。

15.そのまま「次(N)」をクリックします。

16.仮想HDDイメージには何も入っていませんので、「はい。含まれていません。どのようなデータであっても破棄してください。(Y)」をクリックします。

17.「ネットワークの設定(C)」をクリックします。

18.「System eth0」を選択し、「編集…」をクリックします。

19.「自動接続する(A)にチェックを入れ、「適用…」をクリックします。

20.「閉じる(C)」をクリックして閉じます。

21.「アジア/東京」が選択されていることを確認し、「システムクロックでUTCを使用(S)のチェックを外し、「次へ(N)をクリックします。

※UTCとは、世界標準時のことです。これをオンにすることによって不具合が起こる場合もあるので、オフにすることをお勧めします。

22.rootユーザのパスワードを設定し、次(N)」をクリックします。

※rootユーザとは、NT系WindowsでいうところのAdministratorユーザに該当し、そのシステムに関するありとあらゆる操作をすることが出来る、管理者ユーザです。通常は制限のある、一般ユーザを使用します。

23.「既存のLinuxシステムを入れ替える」が選択されていることを確認し、「次(N)」をクリックします。

24.「変更をディスクに書き込む(W)」をクリックします。

25.「Minimal Desktop」を選択し、「次(N)」をクリックします。ここで「次(N)」をクリックするとインストール(システムファイルのコピー)が始まります。

※HDD容量のためにも、セキュリティのためにも、不要なパッケージは極力インストールしないようにします。

26.インストールが完了すると、以下の画面が現れます。「再起動(T)」をクリックして仮想マシンを再起動します。

27.再起動すると、「ようこそ」が表示されるので、「進む(F)」をクリック。

28.「はい、ライセンス同意書に同意します(Y)にチェックがついていることを確認し、「進む(F)」をクリック。

29.一般ユーザのユーザ名とパスワード(何でもよい)を入力し、「進む(F)」をクリック。

30.そのまま「進む(F)」をクリック。

※ここで「ネットワーク上で日付と時刻を同期化します(Y)にチェックをつけてNTPサーバを指定すると、インターネットやLAN内のNTPサーバから情報を取得し、自動で日時を修正することができます。

31.Kdumpを使うにはメモリが足りない、という旨のメッセージが出ますが、そのまま「OK」をクリックします。

32.そのまま「終了」をクリックして再起動します。

※Kdumpを有効にすると、万が一カーネルパニックが発生した際にダンプを採取する機能ですが、通常はオフで良いでしょう。

33.再起動し、CentOSのログイン画面が出ればインストール成功です。

次回以降は、CentOSをサーバとして使えるように設定していきます。お楽しみに。

 

完全無料!

1で登録完了!

エンジニアの仕事・年収や選考ノウハウ記事が読めるほか、
会員にはプログラミング講習やES・面接対策などリアルな無料サポートも充実。
ここだけの求人情報も多数。

今すぐ新規会員登録
Page Top