• ログインログイン
  • 新規登録新規登録

MENU

ITエンジニアを目指す学生がインフラ周りのことを知っておくと得するというお話(6)

連載ITエンジニアを目指す学生がインフラ周りのことを知っておくと得するというお話

ITエンジニア向けの、インフラ周りに関する基礎的な内容をお伝えしていきます。サーバ・ネットワークなどのITインフラに関する話が中心となります。XAMPPを使わないで、コマンド等でLAMP環境を構築する方法等、知っておいて損はない内容を多く伝えていきます。

前回までのプログラミング学習コラムに続き6回目の勉強内容です。

こんにちは、植原です。前回は、VirtualBoxをインストールする方法をご紹介しました。

今回はVirtualBoxに仮想マシンを作成する方法と、最も良くサーバ用途に使われるLinuxディストリビューションであるRedHat Enterprise Linuxのクローンで無料のCentOSのインストールイメージをダウンロードする方法をご紹介します。

1. 仮想マシンの作成

1-1.VirtualBoxを起動します。

1-2.「新規(N)」をクリック

1-3.「名前(N):」欄に「CentOS 6」など、自分がわかり易い名前を入力します。「CentOS」と入力すると、「タイプ(T):」欄は「Linux」、「バージョン(V):」欄は「Red Hat」が自動的に選択されます。自動的に選択されない場合は自分で指定してください。

1-4.仮想マシンに割り当てるメモリのサイズを指定します。GUIでインストールするには、1024MB(1GB)以上必要です。

1-5.「仮想ハードドライブを作成する(C)」にチェックがついていることを確認し、「作成」をクリックします。

1-6.「VDI(VirtualBox Disk Image)」にチェックがついていることを確認し、「次へ(N)」をクリックします。

 1-7.通常は「可変サイズ(D)」を選択しますが、HDD容量に余裕がある場合は「固定サイズ(F)」を選択するべきでしょう。どちらか選択して「次へ(N)」をクリックします。

1-8.割り当てるHDDの容量を選択し、「作成」をクリックします。

これで、VirtualBoxのインストールが完了しました。

2.CentOSのイメージファイルのダウンロード

2-1.CentOSのサイトにアクセスし、上部ナビゲーションバーの「Downloads」をクリックします。

2-2.「CentOS Public Mirror List」をクリックします。 

2-3.「South American, Asian, Oceania, Middle Eastern, African and Other Regional Mirrors」とクリックします。

2-4. リストの中からJapanのいずれかのミラーサイトの「HTTP」または「FTP」を選んでクリックします。

2-5. 執筆時点では6.4が最新なので、「6.4」をクリックします。

2-6.「isos」をクリックします。

2.7.「i386」または「x86_64」をクリックします。

2.8「CentOS-6.4-i386-bin-DVD1.iso」または「CentOS-6.4-x86_64-bin-DVD1.iso」を右クリックして保存します。

※i386かx86_64かはお使いのPCの環境によって異なります。わからない場合は、i386を選べばよいでしょう

次回は、今回ダウンロードしたインストールイメージを使用して、実際に仮想マシンにCentOSをインストールします。お楽しみに。

完全無料!

1で登録完了!

エンジニアの仕事・年収や選考ノウハウ記事が読めるほか、
会員にはプログラミング講習やES・面接対策などリアルな無料サポートも充実。
ここだけの求人情報も多数。

今すぐ新規会員登録
Page Top