• ログインログイン
  • 新規登録新規登録

MENU

文系の私がエンジニアになっていくお話(Ruby on Rails編 第11回)

連載文系の私がエンジニアになっていくお話(Ruby on Rails編)

文系出身学生が、Webサービスやアプリ開発に取り組み、エンジニアになるべくどのように学習を進めていったのかの記録を紹介するコンテンツです。Ruby on RailsでのWebサービス開発の学習手順などを解説しています。

前回までのプログラミング学習コラムに続き11回目の勉強内容です。

コラムの連載をさせていただいている小林寛和(ひろかず)です。Ruby on Railsのコラムの第11回目となります。今回はRubyGemsを使ってRailsをよりリッチにしていきましょう。

RubyGems

RubyGemsとは?

RubyGemsとは、rubyでAPIを扱う際に使うパッケージ形式のことです。詳しくはこちらを参考にして下さい。コマンドライン上で「gem install gemファイル名」と入力する事でAPIを簡単に導入することが出来ます。

Bundlerとは?

RubyGemsはBundlerという仕組みを使うことで管理を簡単にすることができます。BundlerとはRubyGemsを管理する仕組みの事で、PC本体にインストールするのではなく、アプリ単位でRubyGemsを管理することが出来るようになります。

例えば、あなたは今AとBというアプリを制作しています。Aで使用するgemはバージョン1で使用したいのですが、Bで使用するアプリはバージョン2で使用したいと思っています。

ここで問題なのは、素直にコマンドラインから「gem install gemファイル名」と実行してしまうと、最新バージョンのgemがダウンロードされてしまい、アプリAが動きません。

ここでBundlerを使ってRubyGemsを管理すると、Aではバージョン1を、Bではバージョン2を使うことが出来ます。

Bundlerの使い方

Bundler自体もRubyGemsなので、コマンドライン上から「gem install bundler」を実行することでインストールすることが出来ます。これであなたのPCにBundlerが導入されました。使い方は非常に簡単で、アプリのディレクトリ内に「Gemfile」というファイルを作成し、中にインストールしたいgemの名前を記述していきます。具体的な記述方法は以下のようになります。

source "http://rubygems.org"
gem "インストールしたgemファイル名"

Gemfileを作成したら、一度だけコマンドライン上から「bundle install –path vendor/bundle」を実行しましょう。すると同ディレクトリ内にbundleというディレクトリが作成され、中にそのアプリに必要なRubygemsをインストールしてくれます。

railsでRubyGemsを扱う

Railsも例によってBundlerによってRubyGemsを管理しています。「rails new」コマンドでアプリを作成すると、自動的に内部にGemfileが生成され、先ほどの「bundle install」コマンドまで実行してくれます。ちなみに、「rails new app_name –skip-bundle」でそれらをスキップすることもできます。

RailsでAPIを使ってアプリを作成したい場合は、このGemfileに「gem “導入したいgemファイル名”」を書き足し、「bundle install」を実行することで導入することができます。

まとめ

今回はまずRubyでAPIを扱う際に利用するRubyGemsと、それらを簡単に管理することが出来るBundlerの仕組み、更にRailsでAPIを利用する方法について書きました。次回は実際にRubyGemsを使ってアプリを動かしてみましょう。

完全無料!

1で登録完了!

エンジニアの仕事・年収や選考ノウハウ記事が読めるほか、
会員にはプログラミング講習やES・面接対策などリアルな無料サポートも充実。
ここだけの求人情報も多数。

今すぐ新規会員登録
Page Top